【うつ病のあなたへ】一緒に「立ち止まる勇気」を持ちませんか?

うつ病「立ち止まる勇気」を持ちませんか? メンタルケア
こんな人に読んでほしい
  • うつ病であることに、言いようのない焦りを感じている
  • 周りが進んでいるのに、自分だけ取り残されたような気持ちでいる
  • どうしても「自分のために休もう」という気持ちになれない

この記事は、そんな方向けに書いています。

初めまして、ゆーとです。

僕自身、入社3年目にうつを患い、休職を3度したうつ経験者です。

適応障害やうつ病と診断されて休職。

休むことに専念できるはずなのに、全く休めず…

日に日に世間から取り残されたような気持ちになる。

自分も進まなきゃ、周りから遅れちゃダメだ、と焦りばかりが募っていく

そんな経験、ありませんか?

僕自身も、うつ病で休職している時は、とにかく焦りばかりが先行して、「立ち止まる」という勇気をなかなか持てないでいました。

でも、振り返ってみるとうつを通じて「立ち止まる」ということは、ネガティブな経験ばかりではありませんでした。

むしろ、「立ち止まる」ことで見えた景色の方が、僕にとっては重要なものでした。

なぜ立ち止まることが大切なのか。

これは、立ち止まる勇気を持てなかった、うつでドン底にいるあの時の僕自身に伝えたいメッセージです。

もし、あなた自身もまだ「自分のために休もう」という気持ちになっていないのなら、これを読んで一緒に立ち止まる勇気を持ちましょう。

スポンサーリンク

立ち止まる勇気をあなたへ

うつ病や適応障害で苦しむあなたへ

あなた自身が「これだ!」と思う道を、一生懸命に走ってきたのではないですか?

「これだ!」とまで確信していなくとも、「この道を行くしかない!」という強い思いで、進まれてきたのではないですか?

ときには、「本当にこの道で合ってるのか?」と不安になったこともあるでしょう。

そして、その度にスピードを緩めて、周りを見渡したことでしょう。

あなた自身は「本当にこっちでいいのか?」という不安でいっぱいなのではないですか?

でも、周りを見ると、全員がものすごいスピードで駆け抜けていく。

あなたは道を確認する間もなく、取り残されまいと、また一生懸命に走り始める。

あなたは「こんなところで立ち止まってダメだ。進め進め!」と必死に自分自身を鼓舞しながら、闇雲に一歩一歩踏み出し続ける。

進むべき道の正しさに不安を抱えながらも、「みんなが走ってるから」という理由だけで必死に歩を進めていく。

すると次第に、その足は限界を迎える。

進みたくても進めない、どうしようもない状況を迎える。

そう、これが「うつ」です。

今のあなたは無理を押して、必死に走り続けた結果、少しの休みを与えられたのです。

無理して必死に走り続けるあなたを見かねて、うつが強制的にあなたの歩みを止めました、とも言えますね。

あなたはようやく「立ち止まった」ということになります。

あなたには、休息が必要です。

これだけ無理して走ってきたのですから、当然のことです。

でも、あなたはまだ走ろうとしていますね?

立ち止まってはいけない、置いていかれてしまう、そう感じていますね?

どうしてうつがあなたのところにやってきたか、考えたことはありますか?

「このまま走り続けると、あなたが取り返しがつかなくなるほど、壊れてしまうから」です。

あなたはもう十分にがんばりました。

しかし、もう限界なのです。

一度立ち止まる必要がある、うつがそう教えてくれています。

うつがあえて、一生懸命に走るあなたを立ち止まらせた今、あなたがすべきことはなんだと思いますか?

遅れまいと、無理して走ることでしょうか?

あなたの横を駆け抜けていく他人を見て、自分はダメだと嘆くことですか?

不安と葛藤の中で、早歩きでもしますか?

どれも違います。

今のあなたに必要なことは、全力で駆け抜ける他人と同じ方向に全力疾走することではありません。

周りに流されずに、あなたが進むべき方向をしっかりと見定めることなのです。

そのために、あなたは立ち止まりました。

あなたは立ち止まっていいんです。

周りと同じ方向に、同じ速度で進む必要はないのです。

あなたにはあなたの道があって、それをあなた自身が選び取ることが大切です。

そしてその道を、あなたのペースで進めばいいのです。

進んできた道が正しいのか、一度立ち止まって、見つめ直しましょう。

進んできた速度が、あなたにとって無理のない速さだったのか、今一度確かめましょう。

今はそのための「立ち止まる時間」です。

周りが駆け抜けていく中で、焦る気持ちはわかります。

こんなはずじゃない、と現実から目を背けたくなる気持ちもわかります。

でも、あなたには一度立ち止まって、あなた自身の道とそのペースを見直す時間が必要なのです。

この機会に、あなた自身と向き合いましょう。

まずは、これまで必死にがんばってきた、あなた自身を労ってあげてください。

そして、これからあなた自身がどのように生きていきたいのか、にゆっくり思いを巡らせましょう。

今は焦るでしょうが、あなた自身とゆっくり向き合える時間も今しかありません。

ここは一つ、「立ち止まる勇気」を持って、ゆっくりあなたの時間を過ごしてみませんか?

これからは、そこで出会った道を、またあなたのペースで進んでいきましょう。

立ち止まるって、とても大切なことなんです。

立ち止まるって、実は闇雲に進むよりも、難しいことなんです。

ほんの少しだけ、「立ち止まる勇気」を持って、休みましょう。

きっとあなたなりの進む道に、出会えると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました